The great monologue


by romanetica2

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
映画作品
自主制作関連
マスタベ
お仕事
未分類

以前の記事

2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

一時休止中


というわけです。
[PR]
# by romanetica2 | 2011-01-11 22:19 | 映画作品

半端ない

こっちの更新が滞ってるけど、生きてます。
ツイートに夢中なもので。

■『トゥモローワールド』(再見) アルフォンソ・キュアロン
凄いよね。何度観ても驚く。

■『ヨーロッパ』 ラース・フォン・トリアー
つまんないんです、すんごく。でも巧いよ、人を騙すことが。
[PR]
# by romanetica2 | 2010-12-29 00:32 | 映画作品

感動した

■『ゴダール・ソシアリスム』 JLG
大感動。

文芸坐ジャ・ジャンクーオールナイトにて。
■『プラットホーム』『青の稲妻』『長江哀歌』
感動!!

本日は後楽園ホールにて、ボクシング新人王決定戦見てきた。感動。
[PR]
# by romanetica2 | 2010-12-19 21:41 | 映画作品

三池

■『日本黒社会』 三池崇

傑作。冒頭10分で大興奮。車は降ってくるは、人は落ちるは、電車のタイミングが毎回神がかっている。役者の芝居も面白い。
たびたび挟まれる妙な構図やエフェクト処理は御愛嬌でしょう。
ホウ・シャオシェン的な才能を感じるんだが、使用言語のせい?いや、間違いじゃないはず。
[PR]
# by romanetica2 | 2010-12-15 20:34 | 映画作品

ハネケなんて嫌いだ

■『白いリボン』 ミヒャエル・ハネケ
傑作に近い場所にあるけれど、胸糞悪い映画だった。相変わらず。
何点か。
首つり自殺から「早く死んでくれ」あたりまでずっと微かに流れてたのは映画内音楽か?だとすればハネケってば性格悪すぎ。
子供がちゃんとぶん殴られてたのは良かった。あの鳥の殺し方は、よくもまぁ考え付いたな。恐れ入るわ。そしてその後、天使のような末っ子に代わりの鳥を差し出させるあたり、素直に巧いなと思う。


ヴェンダース新作トレイラー、一体どこへ向かっているのか不明ですが3Dです。
http://www.stern.de/kultur/film/trailerpremiere-pina-wim-wenders-bittet-zum-tanz-1633057.html
[PR]
# by romanetica2 | 2010-12-12 23:23 | 映画作品

ノルウェイとか

放置していたら、何を観たか忘れた。

思い出せる限り‥

■『自転車吐息』 園子温
■『鰐』 キム・ギドク
■『オールドボーイ』(再見) パク・チャヌク
■『ヒストリー・オブ・バイオレンス』(再見) デヴィッド・クローネンバーグ
■『1978年、冬。』 リー・シーチアン
■『はじまり』(再見) 濱口竜介

■『ノルウェイの森』 トラン・アン・ユン
思ったより酷くなかった。が、ビリヤード場で玉が転がる様を撮らなくても平然といられる監督の映画でした。
登場人物は揃いも揃って鬱陶しい。特に女。どんな理由があれ、“オナニー”を“マスターベーション”と呼ぶ女だけは絶対に許してはいけない。ただし、水原希子を除く。なぜなら彼女の唇はそれ自体がマスターベーション的だからである。←特に意味はない。
『空気人形』を観た時と同じような感覚に陥ったのは、やっぱりリー・ピンビンが孤独に頑張ってたからか?
「雰囲気がいい」「映像が綺麗」という決して映画にとって賞賛にならない言葉をスラスラと言わせてしまう作品。


★面白いサイト知ったのでどうぞ。
ガスヴァンサントやカンピオン、ギャスパー・ノエらの短編見れます。
http://www.notimeleft.org/index.php#/project_8/see
[PR]
# by romanetica2 | 2010-12-12 12:23 | 映画作品

フライシャー

■『絞殺魔』 リチャード・フライシャー

また後日。
[PR]
# by romanetica2 | 2010-12-03 00:35 | 映画作品

石井デプレシャン

■『死んでもいい』 石井隆
■『フリーズ・ミー』 石井隆
■『GONIN』(再見) 石井隆  

僕はもう単なる石井隆ファンなわけです。


■『クリスマスストーリー』 アルノー・デプレシャン

映画って自由やで~。
[PR]
# by romanetica2 | 2010-11-27 23:46 | 映画作品

石井隆

どうしようもなく石井隆映画を観たくなる夜がある。

■『ヌードの夜』(再見) 石井隆

やりたいことほとんどやられてる。
インタビューを観ると、監督は余貴美子のことを愛してるのがわかる。しかし、それは女としてでなく女優として。でないと、こんな風に撮れないんです。
「僕はかみさん一筋ですから、女優さんと喋ることすらろくにできない。でも、僕にとって余さんは念願だったので、監督クレジットを彼女のワンピースに被せました」


現在編集中。面白いのかつまらないのか、良いのか悪いのか判断不可能。
[PR]
# by romanetica2 | 2010-11-25 22:32 | 映画作品

ゲゲゲ

■『ゲゲゲの女房』 鈴木卓爾

上の人間には背中を見せてほしい。こちらを向いて微笑まれても困る。

この国には、無慈悲で冷酷かつ威厳ある父はおらんのか。
[PR]
# by romanetica2 | 2010-11-24 23:56 | 映画作品